作品紹介

マーレンと雨姫

〜生演奏でのお芝居〜

マーレンと雨姫メイン画像

   ふしぎな劇じゃあるけれど子ども衆にはわかるはず!
   体育館のフロアーに舞台を組んで子ども達の目の前で演じます。
   雨姫様や火の玉おやじなど人間と精霊がいっしょに暮らしていた頃のお話。
   6人の旅の一座による生演奏のお芝居をお楽しみください。

作品紹介|マーレンと雨姫

山を越え川を越え〜きたかぜのおくりもの

〜新聞・ビニール遊びのあとは〜

きたかぜのおくりものメインイメージ

   山を越え川を越えやってきた風の子三人組。子どもたちが水や土で時間を忘れて遊ぶように、古新聞やビニール袋で遊びます。
   新聞紙は風にのり、ビニール袋は空気にふくらみ、新聞なわとびや、しっぽとり遊びもはじまります。
   さいごのお話は「きたかぜのおくりもの」です。

作品紹介|きたかぜのおくりもの

ぴーぷー劇場

〜子どもたちの身近なものを使って表現〜

ぴーぷー劇場メイン画像

   ぴーぷー劇場では、お話をそのまま聞いてもらうことを大事にしながら、子どもたちのまわりにあるいろいろなものを使って表現します。お菓子の箱や紙ぶくろ、ダンボール箱やビニール袋、それからもちろん、手、からだ!

お話:しょうぼうじどうしゃ じぷた、せんたくかあちゃん

作品紹介|ぴーぷー劇場

うしろの正面なあんだ

〜言葉・色・音で子どもたちと呼吸しながら〜

うしろの正面なあんだメイン画像

   目を閉じて後ろの子は誰かな、と友達の気配に集中するように、子どもたちの周りにあるものを全身で感じてみよう。言葉、色、音など、わたしたちのまわりにあふれていて通り過ぎていくような物たちをつかまえてみようとこのお芝居を創りました。いろ・いろいろ遊び、新聞紙、ダンボール、言葉遊び。

どさんこぴーひゃらあそび組

〜「あそび組」がくりひろげるあそびやおはなし〜

どさんこぴーひゃらあそび組メイン画像

   あそび組のメンバーが3人で班をつくり。子どもたちのところへ飛んでゆきます。
・伝承あそび〜かざぐるま、しゃぼん玉、パタパタ、ケン玉、お手玉、紙ふうせん、コマ など
・おはなし
・獅子舞ごっこ

うそんこほんこ

〜子どもといっしょにつくる劇〜

うそんこほんこメイン画像

   うそんこほんこのメンバーは、まず自分たちが遊びます。喜んだり、くやしがったり、仲間がいるから遊べます。ハイハイ!と手を上げて舞台に参加してくれる子どもたち。ドキドキワクワクが伝わってきます。客席にいる子どもたちも一緒に表現したりいっぱい応援してくれます。

おひさまおはよう

〜心と身体あそびの表現〜

おひさまおはようメイン画像

   子ども達のところへやって来た風の子三人組。最初のことばは「みんな、おはよう!」
   風の子の三人組は「からだ」で遊ぶのが大好き。おひさまごっこや月夜の話、子犬のお話に子ども達の目線から見た、色々なこと。
   子どもも大人も、一緒になってからだを動かしたくなるようなお芝居です。

みんなでぬくぬく

〜つみきばこを使った遊び〜

みんなでぬくぬくメイン画像

   つみきのような、箱のような『つみきばこ』。三人組がたか―く積んでみたり並べてなが―くして、場所や物を作っては、一気にエイッとグチャグチャにしたりして遊びます。
   最後は、寒い寒い冬の日に家のストーブが壊れてしまったハリネズミのトゲトゲくんのお話『みんなでぬくぬく』です。